事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-39 (2013/03/04(月) 21:02:04)
2012.05.22

 全文-39 
 
テトロトドキシンが無毒のテトロドン酸に約九七,七%変換していますが(約三%
を占める4-エピテトロドトキシンは、証言がなく無毒か有毒かはわかりません) こ
こまで論じてきたその原因を、記述順に整理してみますと五項目になります。
    遺体で二二時間冷蔵保存されているあいだ
    長年にわたり冷凍保存されていたあいだ
    カプセルの服用時までにすでに変換していた
    発症から心肺停止までの四三分間のあいだ
    保存血液に混入されるまでに混入物がすでに変換していた
この五項目ですが、③④については、両毒の拮抗作用が、机上の空論であること
をすでに論じていますので説明は省略し、②①について詳しく説明した上で結論と
して、⑤が導かれることを明らかにします。
この説明の目的は、これらの問題が、かんぜんなアリバイの論拠に、大変寄与
することをお知らせしたいからです。

 利佐子から採取された血液は、公判開始の一九九一年一二月ころ、琉球大
学から、O教授の転勤先の日本大学に移され、冷凍保存されたと聞いていますが
、現在も保存されているなら、トリカブト毒およびフグ毒の成分を調べ直して、当時
の鑑定結果とほぼ等しければ、冷凍保存によるフグ毒の変換はないと証明できます。
トリカブト毒も調べる理由は、冷凍保存中に、何らかの理由で冷凍保存以外の環
境に、さらされた可能性がないか確認するためです。
 この両毒を調べ直した鑑定結果が、トリカブト毒の成分に変換はなく、フグ毒の
成分がテトロドン酸に100%変換している場合は、冷凍保存を行ってもフグ毒は変
換するという可能性を含むことになりますが、テトロトドキシンからテトロドン酸等へ
の変換は二.三%ですので、念のために鑑定で、冷凍保存中の変換であることを
確認する必要があります。また、両毒が共に変換している鑑定結果が出た場合と、
血液が保存されていない場合も、鑑定が必要です。
 鑑定の方法は、ヒトの保存血液にテトロトドキシンの純品を適量混入させて、混
入した時の変換も考慮してフグ毒の成分を測定した上で、一か月ほど冷凍保存し、
フグ毒の成分に変換がなければ、鑑定によって、「血液中に含まれるテトロトドキシ
ンは、冷凍保存することによって変換することはない」 ことが証明されます。

 次にF教授の、「死亡直後も酵素活性がまだ多少あるとすれば血中濃度は減る
だろう」 という証言を検討します。「酵素活性」 とは、生物体内に起こる化学反応
の触媒となる各種蛋白質を酵素と言い、その酵素が物質の化学分解や合成を起
こしやすい性質にあることが活性といいます。
 これは生体での酵素活性を念頭においた言葉で、遺体において、「未だ多少あ
るとすれば血中濃度は減るだろう」 とは、酵素活性が若干でも残っているとすれ
ば、遺体になってからの酵素活性によるテトロドトキシンからテトロドン酸等への変
換も、他の物質と同じように、微々たるものであろうということを示しています。
 この遺体における酵素活性による微々たる返還の問題と、血液中に含まれるフ
グ毒が冷凍保存によって変換しないことの証明を、合わせて立証すれば、有毒のト
リカブト三毒素の量一二五.七ng/mlに対して、有毒のテトロドトキシンの量が0.7
ng/mlと、大幅な差が、利佐子の心肺停止時に出ていることになります。
 利佐子がトリカブト中毒だと仮定してもその基盤である両毒の拮抗作用を成り立
たせている「有毒のトリカブト毒五に対して有毒のフグ毒六の比率」 という検察官
の主張と裁判官の認定の論拠が跡形もなく崩壊して、両毒の拮抗作用は適用でき
ず、結果としてトリカブト中毒ではないと完璧に論拠できますし約九七,七%テトロ
ドン酸に変換したフグ毒が、利佐子から採取された保管中の血液に、混入されたと
断定できます。さらに以上の結果から、同じようにトリカブト毒も、保管中に混入さ
れたと断言できます。

 この項で説明したことは、アリバイを完璧に証明する「第一の事項」を支える、重
要な要素になり得るものですし、「冷凍保存で血液中のテトロドトキシンが変換しな
い」 ことが立証されれば、この立証一つで完璧なアリバイとなる事項です。
 しかし、現在まで鑑定で立証されておらず、完璧な証明ができていないために、
この項以外で、この問題に関連するような説明を加えると、「第一の事項」 で意図
する筋道の、立証の積み重ねに、混乱を及ぼしかねないので、この項以外では説
明を避けています。

 体内総毒量を体重で換算する方法は理にかなっていると考えます。

 血中濃度に体重を乗じて体内総毒量を算出する方法は、第一審で疑問を呈す
る専門家もいましたが、目安として認めるという専門家が多数でした。
私は五年ほど前まで、科学月刊誌などを購読して読んでいましたが、近年、生
命体の研究は目覚ましい進歩を遂げ、複雑なシステムである生命体のメカニズム
の解明が進んでいます。そのなかで、ヒトの体の七〇%ほどを水分が占めているこ
とは、ほぼ定説となりました。また、血液の成分として、水分が約六〇%含まれてい
ると記憶していますが、その血液によって、酸素や栄養剤と共に、水分も全身に送
られて代謝を行います。
トリカブト毒およびフグ毒は水に馴染みますから、吸収された両毒は、血液中に含
まれる水分によって、全身の水分に代謝などにより均等に溶け込むと考えられま
す。両毒の血中濃度とは、血液の成分である約六〇%の水分に含まれる濃度で
す。血液の約六〇%の水分、全身の約七〇%の水分、血液と全身の、両毒を含む
水分の比率は幾らか違いますが、骨格などをそなえる全身の比重は、血液の比重
よりも若干多めとおもわれますので、その分を考慮し、目安として、血中濃度に体
重を乗じて体内総毒量を算出する方法は、理に適っていると考えます。

 両毒の拮抗作用について、血中濃度の動態という観点から説明します。

 心肺停止時のトリカブト毒の血中濃度は一二五.七ng/ml「以上」 となります
が、フグ毒はng/mlです。フグ毒は変換物質も含めて測定されていることから、
「以上」 を加える必要はなく、フグ毒がトリカブト毒の約五分の一から縮まることは
ありません。
O教授は、両毒をほぼ同量投与すると発症時間が約二倍延長するが、フグ毒の
量を減らすと、延長倍率も小さくなると証言しています。このことを血中濃度の動態
という観点から考察してみます。

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。