事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201705
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-38 (2013/03/01(金) 21:21:45)
2012.05.15

 全文-38

38-1 引用 P233
 
心停止後の血中濃度の動態について、次のような主旨の証言がある。
琉球大学のO助教授は、心室細動も心停止の一つであると証言する。
東北大学のS教授は、心停止後の血中濃度の上昇は非常に考えにくいと証言す
る。
東京理科大学のF教授は、死亡後、血中濃度は増えるわけがないと証言してる。
 
心肺停止後の血中濃度の上昇については、この証言から、その可能性はないと
言えます。よって、一二五.七ng/mlという血中濃度は、心肺停止時にはその濃度
まで上昇していたことになります。グラフで示すと、利佐子の場合、図5のようにな
ることはないと言えます。なお、図1から図5までのグラフは、曲線の形を明確にす
るため、C点の先を点線で描いていますが、実際には、曲線がC点から先、どのよ
うなカーブを描くか不明です。

 次に、心肺停止後に代謝や分解があるかという問題を検討します。東北大学M
教授は、利佐子から血液が採取された約一年後の第一次鑑定と、約五年後の第
二次鑑定とのあいだに、測定値にほとんど相違がないことから、血液を冷凍保存し
ておけば、その中に含まれるトリカブト毒は、ほとんど分解しないと証言しています
よって、代謝や分解があったとすると、心肺停止から血液が採取されるまでの、
遺体で保存されていた二二時間のあいだが問題となります。
東京理科大学F教授は、「死亡直後も酵素活性がまだ多少あるとすれば血中濃
度は減るだろう」 と証言し、血液鑑定をしたM教授は、「分析方法として、アコニチ
ンのほかにベンゾイルアコニン、あるいはアコニチン、そういった代謝物、あるいは
分解物を測れば、送料をもっと詳しく吟味できると思う」 と証言しています。これら
の証言から、心肺停止後に代謝や分解があり、二二時間のあいだにアコニチン系
三毒素が他の物質に若干形とも代謝および分解した可能性が指摘できます。よっ
て、心肺停止時のアコニチン系三毒素の総量が、一二五,七ng/mlより高かった
可能性があります。
以上から、〔第四の条件〕 は、「心肺停止時のトリカブト毒の血中濃度は一二五
.七ng/ml以上である」 と、「以上」 を加えることによって正確な表現となります。
 
両毒が利佐子の体内に存在していたと仮定したことで、大変不自然な問題が生
じて、混入説が浮かび上がります。
この問題は「第一の事項」 全般に関わります。先ほどの両毒の鑑定結果を見
ますとトリカブト毒は変換物質(代謝物および分解物) を含めず三毒素だけで
一二五.七ng/mlです。フグ毒は変換物質を含めて二六.四ng/mlです。そのうち
変換物質(4-エピテトロドキシンおよびテトロドン酸) が薬九七.七%です。M教
授は、トリカブト毒の変換物質であるベンゾイルアコニンおよびアコニンを測定すれ
ば総量をもっと詳しく吟味できると証言しています。
両毒が利佐子の体内に存在し、その結果、採取された血液から朗読が検出され
たとすると、両毒は同一の血液に含まれて数年間冷凍保存されていたのですから
、フグ毒の約九七.七%の変換物質は、遺体で二二時間冷蔵保存されているあい
だに、変換したのかという疑問も生じます。しかし、これが不自然なのです。先のF
教授の証言から考えると、若干の変換はあるのかと受け取れますが、約九七.七
%も変換するとは考えられません。フグ毒は冷凍保存でも、変換の可能性がある
のか考えてみましたが、一般に行われている血液検査のための冷凍保存では、血
液に含まれる、ほとんどの物質が、変換がなく成分が固定されると効いていますか
ら、フグ毒も、冷凍保存で、成分が変換することはなく、固定されると推定できます。

 では、ほかにどのようなことが考えられるか、検討してみます。
 トリカブト中毒について五つの症例を調べますと、事実上の心停止である心室細
動が起きない場合、発症してから五時間から一〇時間で回復しています。また、フ
グ中毒について、大阪大学のS教授は、呼吸停止から早い例では四時間、大体七
、八時間で、人工呼吸器で呼吸を確保すると回復すると証言しています。要するに
、回復するとは、有毒の物質が無毒の物質に変換するということです。両毒とも同
じような経過時間を辿って回復するところが似ています。両毒について、生体では、
このような現象が見られます。
このことから、利佐子が両毒を服用したと仮定して、発症から心肺停止までの四
三分間に、若干は変換したとしても、約九七.七%も変換したとは考えられません
。とすると、若干の変換は無視して、服用時、すでにすでに有毒のテトロトドキシン
は、約二,七%、〇,七ng/mlほどしか含まれていなかったと見るのが順当です。こ
の量は、利佐子の体重四七kgで換算すると、体内総毒量は約〇,〇三三mgとな
り、致死量の約六〇分の一です。((致死量は両毒とも約二mg)。
 
38-2 引用 P226-P227]
 
O教授は、両毒の投与比率を変えた場合の生存時間の延長について、次のよう
な主旨の証言をしている。
アコニチンを致死量の約五倍投与するのに対して、同時投与するテトロドトキシ
ンの投与量を、致死量の一倍、二倍、三倍、四倍と変えて実験してみると、生存時
間の延長倍率は一・二倍とか一・五倍とか二倍とかに変わってくる。致死量の約六
倍の投与量は、比較的顕著に延長する投与量を選んでいる。
 
この証言でわかるように、テトロトドキシンが致死量の約六〇分の一では、判決
が確認している、トリカブト三毒素の体内総毒量五,九mg、致死量の約三倍に比し
て、余りにも微量で、両毒の拮抗作用などは無きにひとしいものです。よって、利佐
子がトリカブト中毒死と仮定すると、発症時間が約二倍に延長し「一〇分が経過す
るか、血中濃度が約二〇ng/mlに上昇するまで」 という両毒の拮抗作用の影響が
なくなり、「カプセルが溶解してから、五分が経過するか、トリカブト毒の血中濃度が
一〇ng/mlに上昇するまでに発症する」 と確定できます。このことは、図一でもわ
かるように、両毒の拮抗作用があった場合に比較して、時間的にも大きな差になり
ます。

 このように、検察官が利佐子の中毒死の基盤として主張し、裁判所が認定した、
両毒の拮抗作用を、まったくの机上の空論にしてしまいます。
また、ありえないことですが、発症から心肺停止までの四三分間に、テトロトドキ
シンが約九七.七%変換したと推測しますと、生体では同じような回復までの時間
経過の現象が見られるトリカブト三毒素も、同程度の変換があると見なさなければ
なりません。仮に、アコニン等の変換物質を含めて鑑定し、三毒素以外に九七,七
%の変換物質が測定されたとすると、変換物質を含めたトリカブト毒の総量ng/ml、
利佐子の四七kgの体重で換算すると体内総毒量は一九六,九三mg、致死量の約
九八倍になります。判決が推認しているフグ毒の体内総毒量は一,二四mg、致死
量の約〇,六倍です。トリカブト毒の変換が、フグ毒の変換より少なかったとしても
、この両毒の致死量の一六〇倍ほどの大幅な差が、両毒の拮抗作用が効果を現
す五倍ほどに縮むとは考えられません。ありえないことを計算まで行ってみたのは
このことを示したかったからです。
やはりこの場合も、両毒の拮抗作用は、机上の空論に来してしまいます。
では何故テトロトドキシンが、約九七,七%もテトロドン酸等に変換したのか!
私は、両毒が、利佐子から採取された血液の保管中に混入されたと断定していま
すから、保管していた血液に混入される前に、その混入されるフグ毒が、何らかの
理由で変換してしまっていたと判断しています。


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。