事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-34 (2013/02/27(水) 19:55:30)
2012.04.18

 全文-34

 第五章 事実を描くとアリバイが成立する

 私は、無罪を勝ち取るだけでは満足できません。無実を完璧に証明することが、
私が辿り着かなければならない目的地なのです。
ここまで適時にお話ししてきたアリバイに匹敵する「三つの事項」 と無実を証
明する「一つの事柄」 とは、その目的地を目指すための立証なのです。利佐子
の血中濃度の動態を証拠とする「第一の事項」 、利佐子が服用したとされる毒
量が、カプセルに詰め切れないことを証拠とする「第二の事項」 、利佐子の保存
血液と密閉ガラス瓶のトリカブト毒の成分比率が、大幅に相違することを証拠とす
る「第三の事項」 、この「三つの事項」 を立証できて無罪を勝ち取ったしても、無
実を証明したことにはならないのです。なつ江の死因がトリカブト中毒でもフグ中
毒でもないことを証明する「一つの事柄」 が立証できて、はじめて私の無実は完
璧に証明されるのです。

 この事件は、利佐子が病死か中毒死かを争うのであって、私が殺害しなけれ
ば、ほかに真犯人が居るという事件ではありません。考え方によっては簡潔な事
件と言えます。利佐子の保存血液から両毒が検出されたことによって、状況証拠
の多くが私を不利な方向へと導きました。そのことで、「疑わしきは被告人の利益
に」 という刑事裁判の原則に依拠することはできず、アリバイに匹敵する証拠の
みが無罪に導くと決意して裁判に臨んだのです。「アリバイ」 という用語は、「現
場不在証明」 という意味で、厳密にはこの事件の用語とするのは適切ではない
かもしれませんが、適切な用語がないため、今後も「アリバイ」 という用語を使用
します。

 トリカブト中毒死というのは、けうなことであり、知識を得られるようなトリカブト
についての専門書も、いっさい市販されていないくらいですから、その内容を理解
するのは、よほどの専門家でなければ不可能です。私は七年間の裁判によって
知識を得ました。逮捕後の取り調べで黙秘するという方法もあるのですが、それ
では事件の内容をなにも掴めないうちに公判を迎えてしまいます。第一審の後半
で、私がトリカブト関連について、詳しく質問したり陳述したりしますが、それを検
察官は、私が以前からの薬学の大家のように印象づけ、だから妻を殺害できたと
主張します。この主張が判決理由の中にも脈々と流れていました。第一審の後半
が開始された当初は、トリカブトの毒性すら明らかでなかった私は、七年間の努
力の積み重ねで、専門家と論争できるほど知識を身につけたのです。
利佐子がトリカブト中毒死と仮定したとき、カプセルを服用してから、最初の自
覚症状を訴え、致死に至るまでの、血中濃度の動態が解明できるにもかかわら
ず、検察官も裁判官も、このことに触れるのを避け完全に無視しました。この「第
一の事項」 のアリバイを崩すことなく有罪とすることは、奇跡を想像したと、私は
決めつけています。

 偶然と奇跡、紛らわしい言葉です。当文書では、偶然とは、予想できない状況
ですが、起こりうる可能性のあることが、たまたま起こる出来事を言い、奇跡とは
、起こりうる可能性のない不思議な出来事を想像することだと、私は使い分けて
ます。一般に世の中で言われている奇跡の実現とは、要は、奇跡ではなく偶然の
巡り合わせか、または血のにじむような努力の賜物だと私は思いますので、当文
書で奇跡と言った場合は、実現不可能な想像の産物だと理解してください。
この章では、「第一の事項」 の説明に力を入れています。原審をとおして、利
佐子の具体的条件や動態を取り入れての、専門家の鑑定や証言がまったくない
なかで、、「第一の事項」 の検討は、利佐子の具体的条件や動態から無罪を立
証するという核心として、非常に重要な意義を持つのです。もとろん、「第二の事
項」「第三の事項」 もそれぞれ同じく非常に重要な意義がありますので、説明に
は万全を期しますが、比較的わかりやすく要領よくまとめることができますので、
やや短文となります。無実を立証する「一つの事柄」 は、込み入った状況を解き
ほぐす必要があり、説明がすこし長文となります。これらに比べると、「第一の事
項」 は、理解していただくために、鑑定や証言の囲みの記載を多用しながら、くど
いと思われるほどの長文の説明となりますのでお許し下さい。
 

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。