事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-29 (2013/02/17(日) 08:59:20)
2012.03.22

 全文-29
 
 一九八一年七月、恭子が心筋梗塞でこの世を去ったとき、なつ江は「奥さんに
済まない」 と言って電話口で泣き崩れました。私はそのとき、なつ江の真情を初
めて知ります。なつ江は死んだ恭子への悔やみのためか、数ヶ月のあいだ私をマ
ンションの部屋に入れてくれません。私も強いてなつ江に会う気になれず、しばら
く電話でのやりとりが続きます。不倫を犯した日以来、私はなつ江の住むマンショ
ンに泊まったことがありません。十一月ころから部屋に入れてくれますが、なつ江
は、「奥さんが亡くなったからといって、簡単に泊まる気にならないで」 と言い泊
めてはくれませんでした。

 十二月、私は不徳の行為を詫びるために、なつ江を自家用車で送りがてら群
馬の実家へ一緒に行きました。このとき、なつ江は実家で体調を崩し、国立沼田
病院で診察を受け心電図に軽い異常が見られます。心配から私も実家に泊まり
ますが、それが切っ掛けとなり、その後はときどきマンションにも泊めてくれるよう
になります。なつ江の心電図異常は、私にとって大変ショックでした。恭子を心臓
病から守れなかった私の苦渋が、なつ江は守らなければという心情となります。
独りで居るのが寂しくて仕方がないという気持ちも強く、翌一九八二年三月、なつ
江に結婚を申し込み、なつ江は、死亡した恭子の一周忌が過ぎてから入籍すると
いう約束で結婚を承諾します。

 
なつ江との結婚生活は、戸惑いからはじまりました。なつ江は、八歳年上の私
を「じじい」 と呼びます。私は、「はい」 と答えます。一九八二年六月、なつ江は
自宅で発病し、虎の門病院に第一回目の入院をします。この発病のあとすぐに同
棲し、十月に入籍 しました。自分の生活の基盤がやっと固まったことに安心した
のか、ときには、なつ江は私を召使いのように扱います。態度には現しませんでし
たが、最初のうちは気持ちの上で反発していた私も、しだいになつ江の心情がわ
かるようになります。不倫の相手という立場で、長いあいだつらい生活を強いられ
ていたなつ江は、それまで鬱積していた甘えという行為で思いきり私にぶつけて
いたのです。それを知って私は、それを知って私は、なつ江が気持ちのとおりに振
る舞うことを黙認します。結婚当初は愛情よりもむしろ不徳の行為への償いの気
持ちが強かった私は、日ごとになつ江への愛情が心を満たしていきます。

 
子供を作ることは、病気が全快してからというのが二人の約束です。なつ江は
基礎体温表をこまめに付けて、夫婦生活には大変気を使っていました。自分の病
気が早期に治ると思っていたなつ江は、病気のあいだの気分転換だと言って、気
持ちに任せて高価な宝石や毛皮のコート、それに高級な和服などを購入します。
体調の良いときは、二人でよく旅行にも行きました。なつ江の療養生活は三年続
きますが、一九八五年九月、実家で再発し、地元の金海循環器科病院で帰らぬ
人となります。なつ江の死は、私に激しいショックを与えます。最近二度の入院の
ときと同じように、一日か二日で回復すると信じていたからです。葬儀を終えるま
では気を強く保っていましたが、その後一か月ほどは放心状態で過ごしました。
 
 なつ江の四九日の法要を済ませたその翌日、私は自宅から徒歩で5分ほどの
西池袋のKクラブに立ち寄ります。地元で飲むのは初めてでした。その店で私の
席を利佐子が担当し、翌日、食事に誘われます。Kクラブのすぐそばにある小料
理屋で待ち合わせ、利佐子は紺地に花柄をあしらった和服で現れます。気の強さ
を感じさせるようなすこし癖のある顔立ちですが、美人です。落ち着きも感じられ
ます。前の日、騒がしい店内で見た洋装姿の利佐子とは印象が違いました。和服
姿はその後店内で一度見たきりで、日常生活で着ているのを見たことはありませ
ん。クラブ勤めの仕事着だったようです。幾度か食事をするうちに、利佐子はホス
テス業を辞めたいと言います。私は、十三歳年下のこの美しい女性が、まさか! 
と思いますが、期待に胸が膨らみました。

 私は
寂しさが募っていました。この若い女性と結婚し子供でも育てることができ
たら、二人の妻の死の痛手から、立ち直れるのではないか、その様な希望を持ち
ながら、利佐子との会話は深まっていきます。なつ江に死なれてまだ二か月ほど
しか経っていません。それにもかかわらず再婚相手を心に描くとは、常識的に許
されることではありません。私はそのことを充分にわかっていました。ですが、この
ように美しい若い女性に巡り会える機会は、二度とないと思えました。子供を産ん
で育てるにも、年齢的にまだ充分に適応できます。子供の居る楽しい家庭生活を
思うとき、私の脳裏には不道徳な行為だという感覚は消えていました。子育てへ
のあこがれは、なにものにも変え難い強さで、私を利佐子へ押し出します。

 
利佐子はホステス業を廃業し、私と大阪に移り住みます。三匹の猫の激しい干
渉にもめげず、利佐子が大阪に居るときは、私は夫婦のいとなみのため、毎夜、
猫と利佐子の寝ている寝室に通います。そのうちに、利佐子の私を見る目より、
猫を見る目に温かみを感じます。懐妊しないことへのいらだちが、私をいじけた気
持ちにしたのかもしれません。利佐子にとって私は愛する対象ではなく、生活を支
える土台にすぎないのではないかと疑いはじめます。利佐子が東京に行ったと
き、なにをしているか私にはわかりませんし、詮索する気にもなれませんでした。
それでも、利佐子の愛情を独り占めにしたいため、利佐子の希望は次つぎにかな
えようとします。しかし、いま考えると、四月に入り利佐子が月の半分も東京に行
っていても、私は寂しさを感じなかったのは、やはり、私の心の中で、愛はそれほ
ど育っていなかったのだと思います。利佐子が死亡したときのあの複雑な感情は
、それが影響したのでしょうか。

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。