事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-16 (2013/02/05(火) 17:48:33)
2012.01.05

全文-16

 第三二回公判が終わり、二か月後の五月一九日、第三五回公判の論告と最終弁論を控えて、
私は三月二五日付けで最終陳述書を裁判所に提出しますが、その後の第三四回公判で
取り上げられることもなく無視されます。
私は、「服用から発症まで約二時間」 については合わせて約四万五千字、
「カプセルに詰められる毒量」 については合わせて一万五千字の陳述書を提出しています。
これらの陳述書を裁判官がまともに検討するなら、無罪への期待も少しは生まれますが、
この第一審で経験した、裁判官の任期による交代のときも、期待した私の望みを逆なで
するように、保存血液からの両毒の検出という事実による有罪との心証は、交代した裁判官
に確実に引き継がれていました。このことから、第一審で無罪を勝ち取ることは、ほぼ絶望だと感じ
ています。

 私の興味は、論告求刑にあります。なつ江の死がどのように扱われるか、この問題
です。大阪大学のS教授は、入院中のなつ江の症状を検討して、一九九三年一二月
の大阪公判で、なつ江の死因はトリカブト中毒だと証言しました。この問題は、逮捕後
の警視庁捜査一課の警部と、東京地検の取り調べで取り上げられています。日本で
は司法取引が行われるということは聞いたことがありません。ですが、次のようなこと
が取り調べの課程のなかでありました。

 「なつ江の死因について調査するために、墓からなつ江の遺骨を少々持ち出して、
現在、トリカブトが検出されるか鑑定中だが、利佐子がどのようにしてトリカブト毒を服
用したのか、君がはなしてくれたら、なつ江の死因については不問にしてもいいのだが」
という主旨です。二十二日間の殺人事件の取り調べの過程で、様々な尋問との絡みのなかでの
話ですから、正式な取引ではありませんが、私は取引を持ちかけられたと受け取りました。
実益を求めて利佐子を殺害したのなら、無期懲役、なつ江まで殺したのなら死刑、
私はそのように理解しています。五十メートルプールに耳かき一杯のトリカブト毒の純品を
投入して、その鑑定は可能だと検事は強調します。遺骨の鑑定、私が実際になつ江を
トリカブト毒で殺害したのなら、検出されるでしょう。しかし、なつ江は病死です。
遺骨が鑑定されても、私はなんの心配もしていません。この遺骨の鑑定の問題は、そ
の後、第一審では一切耳にしていません。論告求刑で、なつ江の死因について、どの
ような判断を示すのか、大阪公判に欠席した私は、大変興味を抱いています。

 一九九四年五月十九日、論告求刑の公判が開廷されます。検察官は、耳を塞ぎた
くなるような言葉で私を罵倒しながら、筋書き通りの論告を行います。なつ江の問題
は、なつ江を利用して両毒の効能実験をしたことを強調しますが、死因についてはぼ
やかしてしまいます。遺骨の鑑定結果についても、一切触れません。
検出できなかったからでしょう。求刑は、無期懲役でした。弁護人の最終弁論は、
まだまとまりがついていないようで、聞いていても主張の中核がつかめません。
私が最も重要な問題として提起した、利佐子の体内総毒量の動
態のグラフについては、弁護人への私の説明が不充分だったようで、ほとんど触れら
れていなかったのが残念でした。私が独走せずに、弁護人と常に協調を強めていなら
ばと、悔やみが残ります。

 六 耳を素通りした判決

 一九九四年九月二二日、東京地方裁判所で判決を受ける日です。不透明な私の
心のように、朝からどんよりと雲が垂れ込めていました。首都高速六号線の右手に、
隅田川が並行しています。裁判所に向かう護送車の窓からは、もやで霞んで見通し
のきかない川辺の風景がぼんやりと広がっています。田尾眼の浸水テラスに、ホーム
レスの青いビニールシートのハウスが連なっていました。足立区に住むことが長かっ
た私は、この首都高速六号線は通い慣れた道です。そのころは気にもかけなかった
青いビニールシートが、自由の身を奪われてみると、自由の象徴として目に染みます。
自由の貴さが心身をえぐり、痛みが和らぐことはありません。

 論告求刑公判から判決の日まで、四か月が経過しています。その間、私は冷静に
判決の内容を見極めようとしました。

 有罪を決定する直接証拠はただ一点、利佐子の保存血液からの両毒の検出です。
私の無罪を決定する、直接証拠に匹敵する主張は二点、
利佐子のトリカブト毒の体内総毒量のグラフから、致死量に達しても発症していない状況と、
カプセルに詰められる毒量について共同鑑定書の鑑定結果を適用すれば、
トリカブト毒のどろどろ状物質を詰める余地はないことです。


 利佐子の体内総毒量のグラフを検討すると、死亡時午後2時10分の血中濃度のト
リカブト毒の体内総毒量は致死量の約三倍ですが、その四十三分前の発症時午後
一時二七分の体内総毒量を致死量と仮定すると、血中濃度が直線的に上昇して、服
用から発症まで二二分、カプセルの溶解時間を一〇分と見てそれを加えても、カプセ
ルの服用は午後〇時五五分となり、その時刻は友人達がカプセルを服用していない
と証言した時間帯です。また、東北大学のO教授は、「両毒の拮抗作用は、投与から
発症、発症から致死まで、経過時間がそれぞれ平均的に約二倍に延長する」 と証
言していますから、利佐子に両毒の拮抗作用が最大にあったと仮定した場合でも、発
症から致死までの四三分間は拮抗作用によって約二倍に延長した時間であり、当
然、、カプセル服用から発症までの二二分間も約二倍に延長した結果ということにな
ります。その上、O教授は、「血中濃度時間曲線は、ある程度までは急に上昇し、ある
程度からだんだん下がっていくような、上に膨らみを持つ曲線になる」 と証言してい
ますので、午後一時二七分の発症時にはすでに致死量を超えていると判断できます。
トリカブトの体内総毒量が致死量に達しても発症していない不思議とは、私は、このこ
とを述べたのです。



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。