事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201704 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201706
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-14 (2013/02/02(土) 18:09:20)
2011.12.21

 全文-14

 服用から発症まで約二時間の論拠を初めて示したのは、『共同鑑定書』 です。そ
の筋書きは、「致死量のトリカブト毒を摂取した場合、口唇や舌のしびれ感は摂取直
後から二十分ないし三十分以内に出現し、不整脈は悪心、発汗、嘔吐等と前後して
三十分から約一時間前後に出現することが多い」 とし、「トリカブト毒とフグ毒を同時
に服用すると、両毒による拮抗作用があり、その拮抗作用は、両毒をそれぞれ致死
量の約五倍で同時投与した場合に、時間延長の効果が最も大きく、投与から発症ま
で、発症から死亡までの時間が、それぞれ平均的に二倍程度延長した。」 としてい
ます。この二つの事柄は、共同鑑定書と、それを説明した証言を、私がまとめたもの
ですが、前の「嘔吐等が約一時間前後に出現する」 と、後の「投与から発症まで二
倍延長した」 を、乗じて、「服用から発症まで約二時間」 を、鑑定書は捻出してい
るのです。

 後の鑑定結果は、マウスおよびラットによる実験結果を、人に適用していますが、こ
れについて、「ヒトとマウスやラットとの、両毒の作用機構は基本的に同一である」 と
証言し、「ヒトのアコニチン(トリカブト毒)およびテトロドトキシン(フグ毒)による毒性
(作用)発現の機構もマウスやラットと同様に、生命維持にとって重要な臓器・組織の
細胞膜に存在するナトリウムチャンネルの興奮作用および阻害(抑制)作用にそれぞれ
基づくものと考えられる。すなわち、ヒトにおいてもアコニチンおよびテトロドトキシン
の作用機構は、マウスおよびラットのそれと基本的に同一のものである」 と説明するのです。

 また鑑定書は五つの症例を例示していますが、公判中の短時間では充分に検討
することができず、「嘔吐等が約一時間後に出現する」 ことは確認に至りません。
参考資料に、ヒトの中毒症状として、「初期に酩酊状態、のぼせ、顔面紅潮、眩暈、
舌や口のまわりから順次頂部、上肢部、腰部へと下降するシビレ感、蟻走感、心悸亢
進、さらに進むと流涎、舌の硬直、言語不明瞭、悪寒、冷汗、悪心、嘔吐、口渇、腹痛
、下痢などからチアノーゼ、瞳孔散大、体温低下、血圧低下、喘鳴、視力障害、意識
混濁、脈拍細小・不整・微弱・緩徐、呼吸緩慢・痲痺などを起こして死に至る」 と記載
されています。

 この症状の進行を見ると、「嘔吐等」 は中期以降の症状であり、利佐子の発症が
嘔吐からはじまり、それ以前に初期症状であるしびれ感が全くなかったことが、
利佐子がトリカブト毒中毒ではないことの裏付けになると確信します。

 一九八四年二月八日、第二九回公判で、O教授は両毒の拮抗作用の鑑定結果と
証言を行います。これ以前のこうはんで証言した大学の先生方は、利佐子の死亡当
日の具体的条件と動態を示しての私の質問には、言葉を濁して曖昧な答弁に終始
します。その上、検察官の奥の手、「異議申し立て」 が寄せ手となり、私はひるみ、立
ち往生しているうちに、一般論として質問できる、肝心な事柄の質問の時間を、失うこ
とがありました。この轍を踏まないようにと、O教授への質問を、二項目だけは解答を
得ようと腐心します。それに対するO教授の証言は、次のような主旨のものでした。

 両毒をヒトに同時に投与したときの症状の現れ方について、「両毒の拮抗作用があ
っても、症状は、初期、中期、末期と、順次出現する。両毒の拮抗作用があっても、
しびれ感などの初期症状が出現しないわけではなく、遅れるだけである。」
両毒の投与比率を変えた場合の、生存時間の延長について、「アコニチンを致死
量の約五倍投与するのに対して、同時投与するテトロトドキシンの投与量を、致死量
の一倍、二倍、三倍、四倍と変えて実験してみると、生存時間の延長倍率は一・二倍
とか一・五倍とか二倍とかに変わってくる。致死量の約六倍のテトロトドキシンの投与
量は、比較的顕著に延長する投与量を選んでいる」

 この二項目の証言は、非常に重要です。この証言は、両毒の拮抗作用をマウスや
ラットで実験して結果を出し、「ヒトの両毒の作用機構は、マウスやラットのそれと基
本的に同一のものである」 と説明した上での証言です。私は、この二項目の証言で
満足しました。なぜなら、利佐子は、事前に初期症状のしびれ感を全く訴えることなく
、嘔吐が最初の症状であり、保存血液からの両毒の検出量は、トリカブト毒が致死量
の約三倍、フグ毒が致死量の約0.六倍と、五対一です。O教授は、利佐子の死亡当
日の、発症状況や、血中濃度の動態から、間接的に、利佐子はトリカブト毒中毒死で
はないと証明したことになります。とくに、両毒の投与比率の問題は、服用から発症ま
で約二時間を正当化して、利佐子に適用しようとした、検察官の論拠が根底から覆る
ことになります。

グラフ-1.2
画像をクリックで拡大します。


 第三〇回公判は、M教授とS教授の共同鑑定書についての説明と証言がありまし
た。共同鑑定書を詳しく調べることのできない私は、自分自身でも不可解と思える心
境にとらわれます。肝心な質問をやめてしまうのです。これ以上、裁判官の心証を悪
くしたくないという気持ちも働きました。私の質問は、利佐子の具体的条件と動態を示
して問題を提起する以外ありません。答弁は、言葉を濁しての曖昧なものです。
裁判官の苦々しい顔が目に映ります。質問しても効果がないのなら、裁判官を刺激す
るのはもうやめよう、という心理が働いてしまいます。わずかに私の心中を動かしてい
るもの、第一審で無罪を勝ち取りたいという期待がまだ残っています。

 前回の公判から今回の公判まで、二〇日間の期間がありました。その間私は考え
抜き、第一審で無罪を勝ち取るのは諦め、控訴審での闘いを念頭において、できるだ
け多くの無罪を立証する証拠を、集めておこうと決意を固めていました。前回O教授
から得た二項目の証言を、M教授とS教授への関連質問で、曖昧な言葉で効果を薄
められることを恐れました。裁判官を刺激したくないという心理は無罪を勝ち取りたい
という期待よりも、せっかく得た証拠を、裁判官を刺激して、さらに心証を悪くし、裁判
官がO教授の証言を取り上げて、M教授達に尋問し、崩しにかかる隙を与えたくない
という心の動きでした。

 私は、第二五回公判の小麦粉混合のときの体内総毒量の検討を生かして、両毒
の拮抗作用についても、利佐子の具体的条件を反映した体内総毒量の動態のグラフ
を描いてみます。この結果、トリカブト毒が致死量に達しても、利佐子は発症していな
いという不思議な結論でした。この結果をグラフにまとめて、第三〇回公判で裁判所
に提出しますが、裁判官からはなんの尋問もなく無視されます。



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。