事実の証明

心残りのまま永眠した 神谷 力 氏の手記。 トリカブト事件を冤罪と断定し、 判決の矛盾を鋭く指摘する。
201212 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201302
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全文-07 (2013/01/25(金) 06:03:06)
07-2011.11.17

全文-07

 第二回、第三回公判において、利佐子を解剖し血液を保管した筑波大学O助教授
の証人尋問が行われました。血液の鑑定はO助教授が行ったのではなく、東北大学
のM教授で、O助教授はその鑑定報告書にもとづく証言でした。
O助教授の証言を簡潔に示します。解剖直後は、病死だろうという気持ちは変わり
ありません。利佐子の死亡から10日ほどたった6月初め、写真週刊誌の記者から、
利佐子が高額の生命保険に加入していると聞き、死因として薬物の可能性も充分に
検討しなければと思います。助教授は、独りで考えていても、らちが明かないと、
7月10日、研究室の先生方四人とその他研究員六、七名を集めて検討会を行います。
多くの薬物をリストアップした中に、誰が言い出したか記憶にないとのことですが、
トリカブト毒もリストに入りました。
一回だけ行われた検討会でトリカブト毒が浮かび上がり、O助教授は九月末ぐらい
に東北大学からトリカブトを取り寄せ、根を薄く切ってシャーレの中に並べてエタノー
ルを注ぎ2、3週間放置します。翌年一月二十日ころ、その抽出液を犬になめさせ、中
毒を起こした犬の血液を東北大学M教授に送りました。鑑定の結果、血液からトリカ
ブト毒が検出されます。

 第四回、第五回公判において、利佐子の保存血液の鑑定を検察側に依頼されて、
フグ毒を検出した東京大学N講師の証人尋問がありました。
利佐子の死亡から約五年、逮捕から一か月後の一九九一年七月、鑑定のため、試
験管に入った血液を封筒に入れて東京大学に警察官が持ち込みます。N講師はそれ
から鑑定をはじめ、血液からフグ毒を検出し定量も行っています。第四回公判はこの
年の一二月ですが、鑑定の進め方、定量分析の方法、致死量を含む草フグの肝臓の
量、肝臓からメタノールを溶媒として抽出・濃縮した物質がどろどろ状になることを明
らかにし、どろどろ状物質を更に精製するには、特殊な機器と薬品、それに高度な技
術が必要だと証言します。
両毒の鑑定内容の四回の公判を経過して、私の気持ちはしだいに追い詰められて
いきます。その後の公判は、逮捕されて取り調べを受けたとき、私が無実を明らかに
したいために供述した、六種類の購入品の購入理由を、検察官は全て裏返しにして、
極悪人としての私の立場を固めようとした公判でした。

 トリカブトの購入は、福島県白川郡所在の山野草販売店野天著を承認として召喚
し、購入の日と数量について、仕入れ伝票から、一九八一年十一月ころから翌年九月
ころまでの間、四,五回にわたり、鉢植えのトリカブトを合計六十二鉢購入したと証
言させます。実際には、私は一九八二年六月下旬から同年九月上旬の間に三回五十二鉢
を購入しています。証言と実際の相違である、一九八一年一一月ころの購入が、なつ江
の発症にかかわる、検察側の立証に重要な役割を果たしていることに、控訴審の準備中
に私は気がつきます。

 クサフグの購入は、神奈川県横須賀市で漁業を営むM氏と、そこで従事している人
を、証人として召喚し、購入の日と数量について、一九八四年三月から翌一九八五年
秋ころまでの間、6、7回にわたり、約千二百匹を購入したとの証言を得ます。
実際には、私は一九八四年四月から翌年六月までの間、六回にわたり、千八十匹
ほど購入します。
証言と実際の相違である一九八五年秋ころは、後に記述するように、この時期マウ
スは購入しておらず、検察官が主張するマウスによるフグ毒の効能実験はできない
のです。この証言を検察側は是認しますが、主張に一貫性がないと言えます。

 カプセルの購入は、東京都荒川区所在の薬H店の店員をしょうにんとして召喚し、
風邪薬のフルカントジン、強壮剤のレバゴルトV、鎮痙剤のパボランカプセル、のカプ
セル入りの薬を週に一、二回の割合で購入していたこと、一九八五年九月ころには、
製造中止となったパボランカプセルの在庫品の全部七、八個をまとめて購入したとの
証言を得ます。
実際には、薬H店の関連会社が製造したと店員に勧められて、フルカントジンを
一、二回、同じ理由で勧められたレバゴルトVを、私が試用してみようと数か月間購入
します。パボランカプセルは、なつ江が腹痛のときの常備薬として年に四箱ほど買い
置きし製造中止と聞いて在庫品を七箱ないし八箱を購入します。
パボランカプセルは一箱十二カプセル入りですが、検察官は利佐子がトリカブト毒と
フグ毒をカプセルで服用したことを強調したいために、カプセルの購入を印象づけよう
としたのです。利佐子が服用したとされるカプセルは一個です。それが目的なら、なぜ
百個近いカプセルを購入する必要があるのでしょうか。

 メタノールとエタノールの購入については、逮捕後の取り調べで、消毒用のエタノー
ルの話はしますが、私がどのように供述したか記憶が定かでありませんので、実際の
購入について記述します。
消毒用にエタノールを薬H店から購入しますが、早朝で薬H店が開店前のときは、
斜め向かいのJ薬局から購入しました。ところが間違えて、J薬局から購入したのはメタノールでした。
購入した日と数量は、一九八二年七月から一九八五年九月までの三年二か月の間に、月五本から六本、
五〇〇ミリリットル入り容器で一九五本ないし二百三十四本購入します。
検察官の主張は、私がアルコールを使用して、トリカブトの塊根とクサフグの肝臓から毒を抽出した
ということなので、消毒用にメタノールを誤って購入したことは、大変不利に働きます。


スポンサーサイト
全文-08 (2013/01/25(金) 06:12:40)
2011.11.22

全文-08

 エバポレーターの購入については、逮捕後の取り調べで、総菜会社の内容を説明
するために、私が明らかにしたことでした。
私の供述をもとに警視庁捜査一課は、東京都千代田区所在の理化学材料を販売
しているT株式会社で事情調査を行い伝票等から、一九八二年六月七日と翌一九八
三年三月二三日の二回と、一九八三年七月九日に部品のガラスセットの購入を認定
します。
実際には、一回目の購入は一九七九年で、逮捕後の取り調べでは強く主張してい
ますが、十年が経過して伝票が保存されていなかったためか、無視されます。この時
期の購入が、エバポレーターを買う動機を説明する上で重要な意味があるのですが。
マウスの購入についても、逮捕後の取り調べで、総菜会社の内容を説明するため
に、私が明らかにしたことです。

 私の供述から、捜査一課は、東京都練馬区所在の実験動物を販売する株式会社N
の事情聴取を行います。私が購入したことは確認出来ますが、購入の日や数量につ
いては確認できず、私の供述を一応参考にしたようです。
私がマウスを購入した日と数量は、一九八三年十一月か十二月、池袋のペットショ
ップから五匹、一九八四年二月か三月、株式会社Nから五十匹(最小販売単位)、一
九八五年六月か七月、同Nから五十匹、一九八六年四月二十六日、大阪所在の実
験動物を販売するA店から五十匹(最小販売単位)です。
私はこの事実を逮捕後の取り調べで、全て供述していますが、裁判官は、トリカブト
の購入との関連で、株式会社Nからの購入を、一九八二、三年ころと違えて認定しま
す。クサフグの購入時期を一九八四年三月ころから翌一九八五年秋ころまでの間と、
検察官の主張のとおり裁判官も認定しますが、では、クサフグからフグ毒を抽出して
マウスで毒性試験をしたという、検察官の主張の筋書きは、どのように解釈したらよ
いのでしょう。残念ながら、この矛盾の露呈は、第一審の裁判が終了した後に私は気
がつきました。

 第一審の三七回の公判のほとんどは、私を極悪人に仕立てる筋書きを描くため
に、検察側が召喚した証人の証人尋問で満たされています。多くの公判で、証人尋問
が終わると検察官は私を裁判官の前に引き出し、その証人にかかわる事柄を私に尋
問します。私は事実を話せばいいのだという気負いから、軽くいなす意気込みで被尋問席に
立ちますが、取り上げられた数々の問題は、六年かr一二年も前のことで、記憶が薄
れている事柄が多く、なんの準備もなく公判で質問され、記憶をたどりますが、記憶の
もつれは、ほぐす糸口を間違うと、ますます絡みつきます。

 逮捕直後から、私は取り調べにあたった警部や検事に、供述のわずかな食い違い
をとらえられては揚げ足を取られます。そのことは、公判が開始されてからも検察官
によって続きました。私は公判が進むにつれて被尋問席に立つと、それ以前の公判
での供述と、整合性を欠かないようにと最新の注意を払いますが、以前の公判での
供述調書が手元にない悲しさ、気負えば気負うほど、l整合性を欠き失点を重ねます
。検察官は六年から一二年前ほど前のことを追求してくるのですから、記憶が定かで
あるはずはありません。公判を重ねるなかで、記憶が掘り起こされ、供述を二転三転
させながら、私の認識は事実に合致していったと言えます。

 裁判に不慣れな私は、不慣れということすら思い及ばず、心のどこかで裁判を侮っ
ていたのかも知れません。その一つとして、弁護士の先生方への態度に現れます。
先生方とは各公判の前に接見(面会)によって、打ち合わせをすべきなのですが、国
選弁護人の弁護報酬は非常に低額だと聞いていた私は、遠慮からその要請をせず、
公判のたびに書状で、証人への質問事項などを先生方へ連絡して済ませるといいう
安易な態度でした。弁護人への書状で連絡するだけで、証人へ聞きただしたい事項
が、先生方に正確に伝わるはずはありません。開廷中の法廷で、私は弁護人とこそ
こそ打ち合わせをして、裁判長に幾度か注意されます。このようなことでは、十分な
時間と費用を補償されている検察官に、太刀打ちできる訳がありません。

 検察官の起訴状などは、取り調べのときのダイジェスト版だと、ほとんど気にもかけ
ずに私は朗読を聞いていました。起訴状に沿ったトリカブトやクサフグなどの六種類
の購入品に対する検察官の主張は、トリカブトの根塊とクサフグの肝臓から、エタノー
ルないしメタノールを溶媒として、トリカブト毒またはフグ毒を含む溶液を抽出し、エバ
ポレーターで濃縮して水飴状物質またはどろどろ状物質を得て、マウスで毒性の効能
実験を行って、両毒をカプセルに詰めて利佐子に服用させたという筋書きです。
検察側の筋書きは、逮捕後の警部や検事の取り調べで、ほぼ想像がついていまし
た。私の頭を支配していた、服用から発症まで約二時間の問題が、この想像を軽く考
えたのです。六種類の購入品について、記憶をたどり充分に事実を整理しておくべき
なのに、なんの準備もなく公判に臨みました。召喚された証人の供述と実際との食い
違いを、弁護人のの適切な証人尋問で正していく努力を私は怠ったのです。服用から
発症までの二時間の問題にこだわり、検察官の有罪との主張の矛盾、例えば、クサ
フグを購入した時期には、マウスは一匹も購入しておらず、毒性の効能実験はできな
いのに、なぜ購入したと主張するのか、という矛盾などは、事前の準備があれば公判
で指摘できます。裁判に不慣れな私が、裁判を侮っていたのかもしれないというのは、
このような状況について述べたのです。

 事前の努力が充分ではなかった私は、第一七回公判あたりから、証人への尋問と
その供述を聞く態度が、明らかに有罪との心証をあらわしているように感じて、気後
れし、気持ちが守勢に立たされてしまいます。

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。